4月, 2015 | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 月別ア―カイブ: 4月 2015
月別ア―カイブ: 4月 2015

29日、山形県議会議員としての最終日。御礼参り。28日被災地視察、OpenJapan会合


2/29 出羽三山神社に御礼参り。今般の選挙への御礼、4年間の御礼を込めて。 皆様、4年間の山形県議会議員としての活動をお支え頂き、誠にありがとうございました。今後は在野にて、しっかりと活動して参ります。課題は山積ですが、一歩一歩やっていきます。

午後からは缶詰状態で政務調査費のまとめ。


2/28、石巻にて、被災から4年の現地、カーシェアリング協会など現地視察 、長先生取材、openjapan会合。 今後を話し合う。東北の真の復興、福島、宮城の復興支援を絡めた山形県内の課題解決としての市民社会の新たな文化づくり、ネパール支援など、僕も理事の一人として活動していく事となりました。                


保護中: 4月28日知事宛県議として最後の提言。


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


知事、副知事面談


11:35 知事、副知事と、山形県議として最後の面談、提言を差し上げました。この4年に渡り、是々非々で議論して参りました。私ももちろん県政の発展を思う気持ちに変わりはありません。今後は当面在野で力を尽くして参ります。今後の山形県政の進化、発展をお祈り申し上げます。

4.24。月山を前に。


IMG_1905

 吾は今、力と勇気と信念とをもって甦り、新しき元気をもって、正しい人間としての本領の発揮と、その本分の実践に向わんとするのである。

 吾はまた、吾が日々の仕事に、溢るる熱誠をもって赴く。

 吾はまた よろこびと感謝に満たされて進み行かん。

一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって標準として定めよう。

 そして 恒に明るく朗らかに統一道を実践し、ひたむきに 人の世のために役だつ自己を完成することに

努力しよう。

中村天風先生 

2015.4.24

草島進一

本日、選挙の総括。

 


4月22日アースデイ。地球の日に。


4月21日。日本海重油災害で知り合った大親友は今鶴岡に居る。一緒に月山炎のまつりを立ち上げたみんなが励ましの会を開いて下さる。これから何をすべきか。いろんなアイデアもシェアできた。
 あのまつりは、この雨男のためにいつも嵐を呼んでしまいスタッフのみんなにしんどい思いをさせてしまったけれど思いはつながっている。https://www.youtube.com/watch?v=1CGqb2P_VxM

4月22日、アースデイ。鶴岡で呼びかけ始めたのは1998年から。朝日の逆光に照らされる月山を見つつ一旦帰宅。

ふと思いついて、太陽光パネルをもって役所、致道館前に立つ。自然エネルギー100%を目指してエネルギー自立。これは人口減少が先行しているドイツなどで地域活性化のために当たり前のように取り組んでいること。政府は固定価格買い取り制度などでそれを後押ししている。今、日本政府は自然エネルギー開発に歯止めをかけ、原発再稼働に踏み切ろうとしている。これは国際的に非常識。この藩校致道館のある鶴岡から、自然と共生、いのち優先の政治へ邁進する真っ当な政治を市民の皆様とつくり上げていきたいと改めて宣言す。

その後、山形へ。4年間お世話になった執務室の片付け、約3時間で終了。ありがとうございました。

その後、支援者のつどいへ。これは当初は被災地支援者のつどいから、今は避難者支援のつどいになっているもの。未だに4204名の方々が県内に避難している。県議になる直前から県議になっても4年間、時間が合う日はできるだけ参加させていただいていた。市民活動団体と社会福祉協議会、県や市など行政との貴重なプラットホームだ。そこで福島10の教訓に出会う。子供達の保養。これまでやりたいと思っていたがなかなかできなかった。山形の自然を活かして子供達を癒す。出羽三山にも触れてもらいたい。朝日や温海の大自然にも触れてもらいたい。そんな気持ちがむくむくと沸いてきた。チェルノブイリ以降のベラルーシなどでは今もなお国がその保養プログラムを行っているとの情報も「福島10の教訓」にあった。なんとかカタチにできないだろうか。

本日はアースデイ。きづき多きアースデイとなった。

地球の声に応えよう。私たちはそのためにいのちを授かったのだ。

D.Brower

ありがとう。地球。

行動すれば世界とつながる。Think Globally Act locally.  Earthday 2015

 

 

 


日々行修なり。不幸福撃退の誦句


本日、言葉を頂戴した。ありがたい。月山ゼミの皆様に感謝である。今後は毎回必ず参加させていただきます。

不幸福撃退の誦句  中村天風

 

私は、もう何事が自分の人生に発生しようと、決していたずらに心配もせず、又悲観もしないように心がけよう。それは徒に心配したり悲観したりすると、すればするほどその心配や悲観する事柄が、やがていつかは事実となって具体化して来るが故である。

神仏と名付けられて居る宇宙霊なるものの心の中には、真善美の以外に、心配や悲観というような消極的の心持ちは 夢にもない。私はその神の心と通じて居る心をもつ万物の霊長たる人間である。従って私がこの自覚を明瞭にした以上は、下らぬ事に心配したり、悲観したりする必要は更にない。

人はどこまでも人としての面目を発揮せぬと、人間の第一のつらよごしである。

人間が人間らしくある時にのみ、人間の恵まれた幸福を享け得る。

だから私は 神の心と神の力に近寄るために、心配や悲観という価値なき事を断然しないことにする。

そして真理に則した正しい人生に活きよう。


無念。しかし、信念と行動力は全く揺るがず。


残念な結果となりました。草島進一です。私の不徳の致すところであります。これまでお支えいただいた皆さん、本当に申し訳ありません。そして、この選挙戦ならびに、日々、日頃の活動をお支えいただいた皆様、本当にありがとうございました。「自然と共生、いのち優先の持続可能な鶴岡・山形」を目指す、草島の信念と行動力は、全く揺るぎません。真っ当な政治を果たすため、精進を重ねて参ります。今後ともどうぞご支援の程、何とぞよろしくお願い申しあげます。


渡辺監督作成の草島動画、好評です。


選挙戦の動画。2本美しく編集いただいた動画がアップデートされて掲載されています。作成は在来作物のドキュメンタリー 「よみがえりのレシピ」http://y-recipe.net の渡辺智史監督。感謝感激です。たくさんの方々から「いいね」を頂いております。どうぞご覧下さいませ。


草島進一選挙最終日4月11日の日程


草島進一です。この10日間。風の日も、雨の日もいろいろありましたが、月山が見ている。その中を鶴岡市内を駆け巡りました。市内様々な場所でがんばっておられる皆様にお会いできることこそ、私、草島の幸せです。

本日一日限り。力の限り、頑張ります。あと一歩のご支援何とぞよろしくお願いいたします。

本日のスケジュールです。

15時45分〜は、自転車で駅ー銀座通りー南銀座ー鶴岡公園を走る予定です。

以下の場所で街頭演説を予定しています。どうぞ最後の訴えを聞きにいらして下さい。どうぞよろしくお願いします。

10時  ヤマザワ櫛引店

12時  こぴあ

15時半 エスモール

15時45駅前ー南銀座ー公園 自転車

17時半 市役所前

18時半 パル前

19時45 事務所前 道田町21-29

もしできれば、何か、緑色のハンカチ、緑色のスカーフ、緑色の紙でもなんでも構いません。そんなものを持って、応援にいらしていただければ幸いです。皆様にお会いできること、楽しみにしております。

草島進一


会津電力 主催 3.11小泉純一郎 講演会より。「ウソをいまだに言っていてはダメなんです」


「脱原発で自然エネルギー自立こそ地方創生」と私は選挙公報で書きました。

何言っているの?とお思いになる方は、ぜひこの動画をご覧下さい。

「会津電力」主催の小泉純一郎元総理の今年3.11の講演。

https://www.youtube.com/watch?v=6PkTRGxpbOo

2013.3.11「原発は安全だ原発のコストは他の電源に比べて一番安い、原発はクリーンエネルギーだ」それが3つそろった産業は経済成長にとって欠かすことができない。だから推進してきた。しかし、4年前、この3つの専門家が言ってきたことが違っているんじゃないか。と思いました。自分なりに調べていく内に、それらが全部ウソだということがわかったんですよ。よくもこういうウソをいまだに政府が言っているな。とあきれてんです。」この動画の12分20秒ぐらいから。要旨を書き出しました。

 

もう、子供達に責任をもつ政治家はウソを言っちゃいけないのです。ハッキリ言わねばいけないのです。草島が選挙公報で書いた「脱原発で自然エネルギー自立こそ地方創生」こそ真実です。「会津電力」は、全国に今、広がり始めている「ご当地発電」の筆頭。まっとうな新しい経済の先駆です。