持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ

草島進一活動日誌11月18日19日


草島活動日誌 11月18日 午後1時半〜福島県郡山市 木村真市議の講演会 蛇石郡山市議、駒崎元郡山市議らと夜まで懇談。木村市議の講演は素晴らしかった。腑に落ちるポイントがびしばしあって、森友の問題をしっかりと把握することができた感があります。木村市議は大阪外大ロシア語専攻。ロシア在住経験もあり、ロシアロックのCD やバンドの日本公演をプロモートしていたというかなりの音楽通。売り込みに行っていたというディスクユニオンあたりで僕もニアミスしてた感もありいきなり身近に感じた。市民派市議として一人で闘ってきた姿勢や思いも共感出来るところ満載で、これからもぜひ共闘していきたい方です。居酒屋でわざわざ博多から取り寄せているというお刺身をいただきつつ歓談しました。その後山形へ移動。ホテルでは映像編集作業の続きをおこないこの間、課題を抱えていたWIFIや動画関係を相談しに大阪大でロボット工学を学んでいた岩瀬博士の会社事務所へ。初対面ながら同期で意気投合(勝手ですが)昼のラーメンまで諸々情報共有。素晴らしさに感服。午後2時から貧困問題の湯浅誠さんの講演会。お題は子供の貧困問題。「貧困」を政府や世間が認めたのが2009年の政権交代をしたときだったと改めて踏まえさせて頂いた。要するに自民党政府は「貧困」を認めてこなかったし、今も認めたくないのだ。竹中平蔵が「貧困はない」とニュース23で発言した事への義憤から行動がはじまったといったくだりはものすごく共感。山形市には「子供食堂」が5つある。全国の子供食堂の課題など参加者30名の課題に即応する素晴らしさに感服。2時間はあっという間に過ぎた。僕は経験した介護職のワーキングプアー状態を訴え更に悪くなるんじゃないかと懸念を伝えた。湯浅さんは第一次の3本の矢と第二次の三本の矢は確実に変わっている。あの安倍総理の発言に「介護離職ゼロ」などという言葉がでてくるようになっているのは少しずつ変化しているということ。と。ふむ。確かにそうかもしれない。政治を変えるためにも社会を変えること。そこに向かっていきたいと湯浅さん。社会的包摂に寄与する文化会館を実践する可児市のアーラにも今度いくんですとも伝えておられた。日本を代表する市民活動家の一人であり、話の中にはノーベル平和賞を受賞したICANピースボートの川崎さんや自殺対策に取り組むライフリンクの清水さんの事もでてきた。こうした方々とも思いを共有して僕も活動していきたいと強く感じた。その後、せっかくなので南陽市民文化会館「シェルターなんようホール」を視察。 佐藤秀之 運営係長 と長島透 課長補佐に諸々説明をうける。ギネスで認められている世界で最も大きい木造の文化会館。1400席超のシューズボックス 壮観だった。補助スピーカーは小さめのPAがおかれていた限り。障害者用の可動椅子は、最もいい列の一列全部になっていたことに改めて気づかされる。ミキサーのコンソール用にケーブルが埋め込んであった。鶴岡のはどうだっけ。確認しよう。佐藤係長はなんどかタクト鶴岡にいらして助言をされているとのこと。ここは市野直営で市職員4名と嘱託職員などで運営されている。きさくにこの間あった経験をお話いただいた佐藤係長の熱とノリは流石と感じた。元観光部局にいらしたそうだが、優秀なネットワーカーといった感じの方だった。タクト鶴岡は、雨漏れと音漏れとう音楽ホールとしてはマイナス100ぐらいからの出発といっていいだろう。テスト期間土日もやっていない。雨漏れで心配していけば誰も職員がいない。心配して行ってみれば議員をシャットアウトして、おまけに地べたで待機させられる。今いるスタッフの姿勢からは申し訳ないがこのマイナス100を払拭できる力を感じない。教育委員会では無理だ。少なくとも市長直下の力ある役所内と現場がよくわかる民間人とのプロジェクトチームが必要なのではないか。芸文教にこうした力があるようにも残念ながら思えない。可能性を全く否定するわけではないが、いかがだろう。すいません。つらつらと書いてしまいました。木村真議員の講演はこの後、YOUTUBEアップします。しあわせの経済フォーラムや関連講演会の動画も次々とアップしていきますのでよろしくお願いいたします。



立憲民主党 東北 山崎誠街宣より10.17〜21


鶴岡市議会議員選挙 当選授与式が17日午後3時からおこなわれた。

その後、枝野代表が仙台に7時半に来るということで車を飛ばし駆けつける。そこから草島@立憲民主党の全てははじまった。

この晩に山形市のビジネスホテルで山崎誠氏と合流。山形市内を皮切りに街頭演説。車から

 極めつけはこの街頭演説。福島市で古賀茂明さんが駆けつけた

 鶴岡荘銀タクト鶴岡前 阿久津幸彦候補も駆けつけ、2名の候補とオープンマイクに元自衛官の森村さんが登場。

芸術工科大学前にて

 

こうしたスポット街頭演説をしつつ、車の中では世直し 立憲民主党と各地域の候補者を応援。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



鶴岡新文化会館タクト鶴岡で雨漏りと音漏れ!発覚!


10月23日の皆川市長の記者会見で、皆川市長は新文化会館荘銀タクト鶴岡で、1)10月23日の雨漏り2)9月半ばに豪雨などでホール内への雨音が響く音漏れ の2点について言及したとのこと。(現在書き起こしされるのを待っています)

それを受けて10月23日、市役所総務部は市議会議員宛、以下のPDFをFAX送信した。(クリックすると拡大になります)

R0033653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら僕は、23日午後5時半まで役所にいて公務をおこなっていたにもかかわらず議会事務局は私にその事情を知らせず、帰宅してマッサージを受けてバタンキューだった私は23日はきづかず、24日の山形新聞ではじめて知った次第。議会事務局にまず、情報共有の徹底(議会棟にいるのに教えないとは?)を促し、早速調査にはいった。午前10時 10月31日の引き渡しの際、佐々木 小真木原町内会長とともに、建設課長 村上氏と総務部高橋部長から説明をうけた。

2箇所から雨漏りが見られる。施工ミスなどの瑕疵が認められたと建設課長は明言。

佐々木小真木原町内会長も苦言を呈した。

その後、現場で問題箇所を視察。雨漏りの箇所の説明を受けた。

そうしている内にもう一つ、実は「音漏れ」もあったのだと伺う。議員控え室の説明の際にも「音漏れ」もきちんと説明してよ。と思いつつ耳を傾けた。

その際の動画。ヒアリング中

https://www.facebook.com/shinichi.kusajima/videos/1747986261887082/

 

音漏れ発覚は9月半ば。強い雨が降った際、10月20日から音漏れの改善工事がおこなわれているとのこと。

榎本元市長には建築課のほうから伝えていたそうだから、榎本元市長はこの事実を隠蔽したということになる。酷い話だ。そしてこの会館はやっぱりできそこないだった。

10月23日に先般、鶴岡持続可能社会研究会より提出の監査請求の不服としての訴訟提出ができる期限が切れた。訴訟の準備はさすがにこの選挙期間の中ではできなかった。しかし、その日に漏水発覚とは!


漏水箇所の視察、音漏れの報告を受けた後、私は文化会館の中と周辺を見て回った。そしていくつかの改善点を担当にお伝えした。

1)駐車場、致道館脇の駐車スペースには植栽はいらない。植栽用に土モリしている場所をコンクリートで埋め、可能なかぎり駐車できるよう、線引きをし直すこと。いくつかの案を出してみて欲しいと伝えた。それと市役所駐車場を使わせるなら安全配慮のための歩道橋をつくることを提案。

2)ホール座席について 車椅子用にとりはずしできる椅子を前列の端っこだけではなく真ん中部分も含めて約40席分を取り外しできるように改善し、最高の場所から車椅子の方がみれるようにすること。障害者差別解消法にもとづく措置の優良事例を目指すこと。

3)タクト鶴岡側から致道館を眺める風景は美しい。タクト側からも自由に入れ、なおかつ、赤外線でカウントでき、資料もちだしできないようにセキュリティ対策ができるようなゲートを設置し致道館の庭園を散策できやすいようにすること

4)うさぎ形状の椅子は座り心地が最悪。赤ちゃんが落下の可能性もある。天童木工製の椅子に入れ換えを提言

5)WIFIのパスワードをわかりやすく tacttactにすること。

大体以上。申しいれをおこなった。

途中、市長が会見の情報共有の話で呼び出しがあり15分対談。

市長記者会見のネット公開とアーカイブ、書き起こしのHP掲載を申しいれ、ほぼ同意していただいた感を受けた。まずは、初っぱなからタクト鶴岡の漏水、音漏れを会見で指摘した皆川市長の勇気に拍手を贈りがっちりと握手した。

とりいそぎ以上。10月24日(火)の活動でした。ご報告いたします。



比例は立憲民主党 今回の投票の前に観ていただきたい映像です。




市政のOSをかえ、みんなで鶴岡の未来を切り拓こう


830speech
 

 

 

 

写真:藩校致道館 鶴岡市新文化会館前にて 8.30

 

10月になりました。
私、草島進一は、10月8日告示 10月15日投開票の
鶴岡市議会議員選挙に挑戦します。

9月23日に事務所開きを草島進一事務所 カフェSolai でおこないました。

 ​この間、「県議から市議ってどういうこと?」など様々な意見をいただいています。

一言で言えば、市政を放っておけなくなりました。 です。

草島会館前演説831

私は、異様なデザインの文化会館問題を調べているうち、今の榎本市政が市民の生活に直接関係する福祉やコミュニティ維持などの基本的なサービスを大幅に削減し、文化会館の建設費には湯水のように市費を投入している問題を強く感じました。

朝日地区にある「かたくり温泉ぼんぼ」は予算をカット。将来の廃止も心配されています。また、政府が推し進めている水道の民営化など、更なる値上げや水質悪化が心配されます。

 

 

 

草介護写真又、この2年間、鶴岡市内の介護福祉の現場に務め、現場を直視する中で、現場の声を市政にもっと届け福祉・医療の問題解決をはかる必要性を痛感してきました。

今のままでは鶴岡の未来は全く開けません。私は、将来負担や不安をなくし、若い人や子どもたちが、希望がもてるような鶴岡をつくっていきたいのです。

 これまで応援をいただいた市民の皆様に応える為にも、今、市政を真正面から正さねばならないと感じました。又、チェック不十分で特に過半数をしめる与党議員らが追認するだけの、思考停止状態の様な市議会を変えなくてはならないと感じました。忌憚なく議論しあい市長部局と切磋琢磨し、政策立案できる議会に変えなくては、今後更に厳しい時代を乗り越えていけないと感じています。

市政のOSをかえよう。

45億円のはずが97億円になった新文化会館問題は、今までの市政の象徴です。デザイン優先で特殊な工事が伴った事業なのに全く市民に説明不足のまま進められた結果、予算倍増、施工ミスが数多くの市民から指摘されながらも、欠陥会館のまま引き渡しが強行されました。
 
 パソコンは以前、私が学生時代の頃は、プログラム用語がわからないと触ることができないOS(基盤ソフト)が主流でした。しかし今はMac-OSやwindowsOSでさらにネット環境。子供達でもパソコンやスマホを持ち歩き、世界中の同士とつながり、クリエイティブな力を発揮する時代です。「いつでも、どこでも、ただで 誰もが」情報を得て創造する、オープンソースやクリエイティブ・コモンズの時代です。 それから考えると、今の隠蔽体質の鶴岡市政はwindows以前のOSのような気がしてなりません。

人口減少や産業構造の転換といった、歴史の峠といわれる危機を乗り越えていくには、市政に13万市民の多くが参画し、議論を深め、行動し、新たな一歩を創造していく、真実の「自治」を実現しなくてはなりません。それを踏まえれば、もういいかげん、市政のOSを取り替えるしかないのだと思います。

IMG_8660今般、市長選挙に、皆川おさむさんが挑戦します。彼との出会いは2011年東日本大震災の石巻の現場でした。私が災害支援で3月19日から石巻市で活動をした際、農林水産副大臣秘書官として市の災害対策本部にいて奮闘していたのが皆川さんでした。私の友人が皆川さんの同級生であり、紹介を受けて現地でお会いし諸々情報交換した事を憶えています。皆川さんは、津波で傷ついた石巻市民救援のために志を共に行動した、信頼できる同士であり、問題が数多く発生する被災自治体の緊急事態の現場を肌身で知っている貴重な元農水官僚です。

 これからの市政は、緊急時でなくとも直面する課題は数多く、その都度問題を解決していかねばなりません。こうした時代には、まさに適任であります。

 今回の選挙は、なんとしても皆川市政を実現し、私は市議会議員として、これまでの思考停止のOSでは実現できなかった政策を新たな市政で実現したいと考えています。

鶴岡ならではの自然の恵みや、伝統文化や、職人、匠の技、ものづくりの力、やさしさ。
鶴岡市民の多種多様な力が存分に発揮できる鶴岡にするために

10月15日、市政のOSをかえましょう。みんなで。

藩校致道館で庄内藩士は荻生徂徠先生の教えに学び、藩政の立て直しをしました。

鶴岡の政治から日本の政治を私は立て直したい。信じられる政治に。

鶴岡・庄内の気風、「沈潜の風」の風を起こすのは、まさに、今です。


私の10月3日現時点の公約は、ここに記載しております。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

草島進一 2017.10.3

 



新文化会館 施工ミスでも8.31引き渡し?


gaikan-jisshi

鶴岡市新文化会館 
これが実施設計時に市民に広報された完成イメージです。鶴岡市役所のHPより。




8月21日時点で目に付くところを撮ってみました。

いかがでしょうか。市は、8月21日、コレを修正することなく完成とし、8月末に受け渡しをする見通しであることを明らかにしました。

この文化会館の施主は

市民の皆様です。

じっくりとご覧下さい。

これでいいの?ほんとに?

97億円、市民の皆様がこれからお支払いになる建物です。ぜひご意見をお寄せ下さい。

8月21日「これで完成して引き渡しの予定です。こうした鋼板材仕上げの特性からこうなってしまうんです」と宣う市役所に「こんな仕上げで完成引き渡しなんて絶対認めない。そう感じているのは僕だけじゃないと思う」と一言。

更に、竹中工務店 鶴岡事務所(岡崎所長)、更に妹島事務所(担当 池田氏)に連絡し「これで完成ですか。このボコボコ凸凹で、市民は認めませんよ。少なくとも私は認めません。」と伝えました。

96億8千万円の鶴岡市民の血税を注ぐ文化会館です。

町のど真ん中に、文化の殿堂として、市のシンボルのようにそびえ立つ建造物です。

こんな仕上げでいいのでしょうか?

ご意見求めます。


追記。8月25日

この間、公共事業問題の某大学教授から、「明らかに施工ミス。妹島デザインに施工の技術が追いつかなかった。こんなの見たことがありません」等意見が届いています。
受け入れ拒否署名もはじめました。

 

また市や工務店にも是非ご意見、ご質問を。

鶴岡市役所
tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp
FAX:0235-24-9071

竹中工務店 大阪本社
〒541-0053 大阪市中央区本町4丁目1-13
FAX(本社):(06)6271-0398
WEBからの問い合わせ
https://www.takenaka.co.jp/j_contact/anfrage/

20170810

これは全景 鶴岡市役所810撮影HPより。

 

 

 

 

以下 草島20170821撮影写真です。 写真をクリックすると拡大します。

DSC_0315 DSC_0333DSC_0331_2

DSC_0313 DSC_0303 DSC_0324 DSC_0269 DSC_0285 DSC_0288 DSC_0249 DSC_0250 DSC_0265 DSC_0253 DSC_0255DSC_0257 DSC_0252


今年4月5日FB掲載 多くの反響もあり役所に説明と改善を求めていました。

8月23日に妹島和世建築設計事務所に「持続可能社会研究会」 代表として公開質問状を提出

再三の電話で催促の末、6日後、8月29日に役所経由で回答がきました。

8月29日 市民グループ 署名提出 NHK山形が報道。 草島独自取材映像
8月29日、鶴岡市議会総括質問の中で榎本政規市長が「この凸凹も設計の意匠の内」と発言
市はホームページで「タクト鶴岡の外壁・屋根に現れるシワ感やふくらみなどの凹凸は、素材の特性から性能の発揮のために生まれるものであり、施工不良や欠陥ではありません。時の経過とともに、意匠の親和性がさらに高まり、安定感を持ったイメージのもと、市民の誇りとする建築の表情として受け入れていただけるものと考えております。」などと説明

8月29日、鶴岡持続可能社会研究会 草島は、妹島氏の回答を受けて報道に対して声明を発表
「回答を受け取りましたが、全く具体性に欠け、明らかに施行ミスとしか見えない現場の状況からすれば、私たちはこんな説明では納得できません。
8月末の完成受け渡しに断固反対を表明します。
完成受け渡し前に、現地で設計者、施工者本人から、ひとつひとつの歪みやゆがみの箇所についての説明を強く求めます。」

8月30日 午前7時 妹島和世建設設計事務所に対して公開質問状を再提出しました。

趣旨は、全体の「ボコボコ」のゆがみは設計デザイン、意匠の内だという趣旨はひとまず理解した。しかし、具体的にこうした「ヨレヨレ、ボコボコ」は施工ミスとしか見えないという声が多数ある。この具体について説明を求めるといったもの。DSC_0333DSC_0252

 

 

 

 

8月30日 12時29分回答の催促「早急に回答してください。もはや9時から12時まで、3時間以上経過しています。明日引き渡しの事でしょう。これから97億支払う鶴岡市民、又、国民に対して全く失礼ではないですか。真摯な対応をして下さい。」と妹島事務所宛メールする。

8月30日 午後2時41分 以下のメールが来る。
「建築課の建設部 建築課です。設計者にお問い合わせいただいた内容については、鶴岡市のHPとあわせて
昨日ご回答させていた通りですので、新たにご回答する予定は無いとのことですので、ご連絡させていただきます。」

午後3時 市建設課に電話し、回答と説明を求める 「質問にお答えすることはできません。それぞれの具体について説明もしません」と村上建築課長

8月30日 午後4時30分 鶴岡市役所に行き対応に抗議す。建設部長、建設課長に3点の写真について説明を求める。市「設計ミスではない」と主張。「これも設計者の意匠ということか?」と尋ねると「意匠でもない」「んじゃ設計、施工ミス?」「どちらでもない」等全くかみ合わず。見解の相違で片付けようとする始末。
やはり設計者本人、施工者本人たちから、「特殊な工法について」具体的に説明を聞かないと納得いかないと強く感じた。

結局、妹島事務所は、建設予算45億円が97億円になった点を説明をしていない。又、建築実態として「施工ミス」の疑いの箇所について具体の説明責任を怠ったままである。完成引き渡しを受ければ、97億の工事は終了で、市の財産として固定されてしまう。市民、国民はこれからこれに97億円税金で支払っていかねばならない。
それに対する説明責任は全く果たされていない。妹島事務所は説明責任を果たしていただきたい。
 市行政は市長を筆頭にはあくまで市民の側に立ち、妹島、竹中に対しての監督責任を負っているはずだ。その責任を果たしているのか。市民の350名余りの署名はごく一部のサンプルに過ぎない。多くの市民が、私には過半数の市民が納得していないように思える。完成直前になって、騒ぎがおきたからホームページで大雑把な説明をして、終わりか? こんまもの全く説明にならない。きちんと説明責任を果たしてほしいと思う。
 

8月31日午前7時30分 妹島事務所宛 抗議と申しいれを提出

8月31日午前9時から10時 致道館前にて抗議演説

8月31日午前中に 鶴岡市 完成受け渡しを強行。

市役所に尋ねるとこの鋼板材は「新日鐵 住金 スーパーダイマ」とのこと。HP上から「この素材だとみんなこんな仕上げになるのですか」と8月20日ぐらいに質問し8月31日回答があった。返答「お問い合わせ頂きました件につきましては、前述の通り弊社のスーパーダイマであるかわかりかねるうえに、既に加工された状態となっており、実際の加工・施工作業の状況等について弊社は把握できない事から、本件についての具体的な回答をする事は差し控えさせて頂きたいと存じます。」とのこと。現在再質問中です。

これまでの経緯とこの問題について 所感 2017.9.9

 この文化会館の問題ですが、公共事業ですから「欠陥」といわれないように施工するのが当然で、欠陥といわれないような施工が可能なように設計デザインすることが常道なのだと思います。

 その設計監理の責任と、45億の予算の見積もりが97億になった設計監理のミスは現実であり設計監理責任が問われる問題だと思います。
 この間、地元の大手建設会社を含む16社は「技術的に無理」と辞退されました。今思えば懸命な判断だったのかと思います。

 このHP記載の実態の写真へは、公共事業に詳しい大学教授やこうした問題を研究されている方々から「デザインに施工の技術が追いついていかなかった。結果、シワ、凸凹という「欠陥」を生じさせているのではないか」と指摘がありました。 私もそれに同感するものです。

 私には特に境目の部分の仕上げが相当醜く見えますし、その部分の今後の「すが漏れ」等の懸念が建築関係者からも寄せられています。

皆様、ご自分の家を発注して仕上げがこんなだったらどうされますか? 私だったらちゃんとやり直すまでお金を払う気になれません。

中には、奇抜なデザインの家で主張しよう!とデザイン重視の家を建てて施工が今ひとつでも「実験」として満足する方もいらっしゃるかもしれません。


でも、この文化会館は、一市民の私費で建てたのではありません。これから97億円の内30億円を13万市民の税金、残りを国民の税金で支払い、更に年間2億円の維持費を徴収されつつ今後40年利用する「公共事業」なのです。
「壮大な実験に取り組んだけど、ここまでだった。」で済む問題ではないと思います。

今、市は「これが工法、これがデザイン」と主張しています。

「これが工法、これがデザイン」とする特殊な設計ならば、建設に入る前に施主である市民に十分な説明をすべきです。それが全くなされておらず、「施工ミス」疑惑と市民が騒ぎ、その報道の後で「そういう工法」等の説明では多くの市民は納得できるはずがありません。

 施工ミスの疑いが指摘される設計監理、予算倍増の設計監理には結果責任が問われると思いますし、市民の税金を預かる、この事業の総監督責任者の市長の責任が問われるのだと思います。

 税を納める市民から疑問の声があがっているのにそれを踏みつぶしての「完成引き渡し」は言語道断だと思います。


タクト鶴岡完成後にみた内部環境について 10月5日更新。

9月23日内覧会。10月1日新市民歌発表会に行き、内側を拝見。

R0032976 IMG_8854 IMG_8862
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緞帳は素晴らしいのですが、このナナメの反射板が気になり、いろんなところがナナメだったりしていて、平衡感覚がおかしくなる印象がありました。

 

 

 

 

IMG_9110

オーディオマニアの友人とともに合唱を聴きに行ったのですが、「音がすごく硬い。なんか心地よくない」と洩らしていました。

 

 

 


 

IMG_9155

IMG_9154

鶴岡市合同音楽祭に父兄として参加した方からの写真が送られてきました。迫り出したスピーカーが邪魔になって見えない。通路が狭すぎて通りずらい。階段の形状が歩きずらいなど不満たらたらでした。緊急時に逃げ場を失いそうな気がして怖いとも。

 

 

 

 

 

これもデザインの内なのでしょうか?

IMG_9156



45億→97億の新文化会館の住民監査請求の回答


9月22日、7月28日に私たちが提出した住民監査請求の回答が届きました。

鶴岡市新文化会館。7月28日に住民監査請求をおこないました。 8月10日におこなった、意見陳述の模様が報道されました。
 私は、鶴岡持続可能社会研究会代表として、鶴岡新文化会館を考える会 中村様とともに提出し、陳述の際に、意見を述べました。

8月10日、山形県鶴岡市で8月末に完成予定の鶴岡市新文化会館について、違法又は不法を訴え住民監査請求を7月28日に提出していた団体の代表が意見陳述をしました。
1)3億円を超える設計変更工事を議会に諮らずに発注したことの違法又は不当性、
2)デザインを重視し、その難工事で当初計画40億の倍以上97億8000万円となったとすれば行政の最小最大原則に反し、行政裁量権の濫用ではないかと違法又不当性を訴えるものです。

また、新聞では山形新聞、毎日新聞山形版で報道されました。

山形新聞8.11.2017

yamashin811

 

 

 

 

 

FullSizeRender

毎日新聞8.11.2017

 

 

 

 

 

 

荘内日報

荘内日報8.11 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

住民監査請求書 本文はこちら
 http://www.kusajima.org/4748.html  

こちらが当日の意見陳述原稿です。 http://www.kusajima.org/4758.html 

9月22日、市から回答が来ました。市の回答「2点の違法又は不当

9月25日、鶴岡持続可能社会研究会 草島進一 からの声明
「監査不十分、再監査を求めるし、訴訟も辞さない」


どうぞ、ご意見などどしどしお寄せ下さい。

また拡散をお願いいたします。

こちらのメールもどうぞ。s.kusajima@gmail.com

 



加茂水族館前館長 村上龍男様からの激励文


クラゲで世界一の鶴岡市加茂水族館、前館長村上龍男様から激励文を頂きました。過分なお言葉を頂き恐縮ながらも誠に光栄です。ありがとうございます。


村上龍男

草島君との付き合いは長い、多分20年以上になるだろう。もう記憶は定かではないのだが「ナホトカ号」とかいう外国の船が日本海で遭難して、燃料の重油が大量に流出した、あの時からだったと思う。

 私も少し前から自然保護、、特に身近な小さな流れに生息する淡水魚を甦らせたいと言う活動をしていた。そのような関係で時々同じ目的で国土交通省などに話に行ったりしていた。

 あの頃から彼は、何かに取りつかれたように、陸上だけではなく海の方にもひろく自然保護活動にのめりこんでいて、いつの間にか多くの仲間を作っていた。

 どこか私と似ているなと思ったのは、「直球一本やり」で、根回しや多少のごまかしなどは一切用いない、真っ直ぐにぶつかってゆき、押し倒すか跳ね返されるか、、、そんな勝負をしていた様に見えた。

 あの後で市議になり、市長選挙に挑戦もしたし、県議に当選もし活動した。多くの経験を積んできたので、難しい政治の世界で多少の手練手管も学んだものと思う。

 だれしも認める行動力、調査と発信力は天才的な才能と言っても良いものだろう、また議会などで当局を追及する姿とは違って、普段の彼は笑顔が似合う優しい男だ、その辺が人気の秘密だろう。

 彼には大きな借りがあると思っている、私が鶴岡市の方針と対立したのはまあ知られた事実だが、その中で売店とレストランを指定管理から外して市の直営とする、、、、その理由は法令に反しているからと言うものだった。

 これに反対して両方を水族館の経営にさせてくれと、いくら頼んでも法令違反だとの理由で駄目だった、この時県議だった草島君が県の担当部署に出向いて、確かめて知らせてくれた。

 法令違反は真っ赤な嘘で水族館が売店、レストランも経営してかまわないと言うものだった、お蔭で今、両方を水族館が経営してそこから上がる利益もみな水族館基金として市に積み立てられ、将来の増改築資金にあてられる。

 なぜレストランと、売店を指定管理から外そうとしたのかは謎だが、噂として流れてきたのは市の最高位にいる方が自分の取り巻きに便宜を図ろうとしたのだと、、、、、、。

 私にしてみれば難しい大きな出来事で草島君に助けて頂いた、との思いが残っている、何とか新しい市長が誕生して、そこを支える力として草島君に返り咲いてもらいたいものだ。

村上龍男

http://www.murakamitatsuo.com/


1997年、僕が当時32歳。日本海重油災害の時、福井県三国町、加賀市などで「神戸元気村」副代表としてSave the coast! ホームページの運営やボランティアコーディネートをしていました。当時、重油をたどりパトロールでずっと北上して鶴岡まで来た際、加茂水族館に立ち寄って村上館長から状況を伺った時がはじめでした。この文を頂いて当時の記憶がよみがえりました。福井では越前松島水族館のイルカのラボちゃんの救出劇もあり「越前の館長さよろしく伝えでな」と伝言も頂いて戻ったような憶えがあります。鶴岡に戻ってからも海の生態系の事、防波堤工事やダムの問題など、忌憚のないお話を諸々させていただいている人生の師の一人です。
 県議会で2年所属した産業労働委員会では「加茂水族館」タイムとして「県職の皆さん、もれなく行かれました?」駐車場対策、経済効果、等々、質問攻めは毎回の定番でありました。感謝。頑張ります。



施工ミスのまま引き渡し?の文化会館 草通 


草の根通信号外9.15号表_ページ_1草の根通信号外9.15号裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間の顛末をまとめました。どうぞご一読いただき、ご意見を。

PDF草の根通信 号外2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



妹島和世建築設計事務所への公開質問状の回答がきました。8/29


本日8月29日、午後4時30分
妹島和世建設設計事務所から先般8月23日の公開質問状への回答がメールで届きました。

どうぞご一読ください。

妹島和世事務所からの回答(pdf)

 

本日市議会総括質問で市長が「あの凸凹も設計者の意匠」という発言をしました。

そうした趣旨でまとめてあるようです。

 

しかしながら、この回答は全く具体性に欠け、

私たちは、明らかに施工ミスとしか見えない現場の状況から全く納得いきません。

8月末日の完成引き渡しに絶対反対を表明します。

完成受け渡し前に、設計者施工者本人から、現地でこの歪みやゆがみの箇所についての説明を

強く求めます。