臨時議会 | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 臨時議会

臨時議会


三川町の自立にともなう、一部事務組合の解散を含む臨時議会。

ゴミ処理の関連では、現在の未償還残高要するに借金が45億円あまり。それを44億4千万と8千万に分ける。45億円の償還(返済)に対して、解散にともなって、補助金の返還や今後、交付税からの補填に、当初予定していたものと変化はないのかを確認した。

また、消防の関連では、解散の理由として、市長が、「新庁舎建設に対して、合併のメリットを生かせない」ということを述べたので、新庁舎建設に対する合併特例債のメリットを改めて確認した、新聞報道に述べられていたとおり、36億円の構想だが、特例債利用によりその3分の2は交付税で補填されるので、11億円の自前資金でできるということである。これがメリットなのだと当局は強調した。

 大型事業は今後、ほとんどすべてがこの特例債事業ということになっていくのだろうか。

他、議案としては、山崎誠助先生と、北村昌美先生を名誉市民にすることを議決。
等。