3月議会冒頭。問責決議への弁明と謝罪について | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 3月議会冒頭。問責決議への弁明と謝罪について

3月議会冒頭。問責決議への弁明と謝罪について


昨日から鶴岡市議会3月議会がはじまりました。、冒頭に私、草島進一の問責決議、そして私のお詫びというところからはじまりました。

 昨日のテレビ報道、本日の新聞報道でご覧になっておられる方もいらっしゃるかと思います。先ずは昨日の弁明と、お詫び文章は以下です。記者の方々には「これが全てです」としています。どうぞご一読ください。なお、私の一般質問は6日午後1時からです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問責決議への弁明
 私は、鶴岡市役所地下食堂での当該従業員への私からの威圧的言動問題に関連し、当該の社について、12月27日 記者会見の場にて「暴力関係者と社長さんがからみがあって…という情報を直接いただきました」
 テレビ朝日モーニングショー 単独取材の場では、「暴力団関係者も絡めて、食堂の件おかしいんで」と発言しておりました。

この発言を受け、鶴岡市議会も、私が、当該の社には「暴力団と関係がある」と発言したものと捉えております。

 私としては、市民の方から、当該の社関係者が過去に暴力事件を起こしたことがあるらしいとの不確定な情報提供を受けて、上記発言を行ったもので、当該社が暴力団と関係がある旨発言する意図はなかったものです。

しかしながら、私の上記発言は、当該社があたかも「暴力団と関係がある」との誤解を生じさせるものであり、また、事実確認が不十分な中で行ったものであって、極めて不適切なものでした。

そもそも、事実確認が十分であろうとなかろうと、暴力関係云々は、私の威圧的言動問題とは関連性のない事項であって、話題として取り上げること自体が誤りでした。私の上記発言が、当該社に対する名誉棄損及び威力業務妨害に当たり得るものであることを認識し、反省しております。
つきましては、私の上記発言を撤回致しますと共に、上記発言により当該の社及び関係者の名誉を傷つけてしまったこと、および業務の妨げとなってしまったことを、心より謝罪申しあげます。

誠に申し訳ありませんでした。

尚、上記発言は、実際の情報提供を受けて行ったことには違いがありませんが、事実確認が不十分であったことも含め、全て議員である私一人の責任のもとに行われたものです。従いまして、私としては、今般に関する情報の提供を頂いた市民の方には責任はなく、全ての責任を私が負うべきものと考えております。

以上、私は、当該の社を含めた皆様のお訴え等を真摯に受け止め、一連の問題を教訓とし、今後は、今まで以上に言動に注意し、市議会議員として市政発展のために尽力いたす所存であります。
 何卒よろしくお願い申し上げます。
 最後になりますが、当該の社の益々のご発展、ご隆盛を心より祈念申しあげるものです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陳謝の言葉

12月議会、また就任後における私の威圧的ととらえられるような言動によって,直接怖い思いや不快な思いをされた方に対し、先ず以てお詫びもうしあげます。

又、本件問題では、対応につきまして、市民の皆様、議員の皆様、行政関係者、に多大な時間と労力を費やす結果となりました。本来的な業務や議会での議論に支障をきたすような状況を強いてしまいました事に対しまして、市民の皆様、議会・行政関係者に心からお詫びもうしあげます。

又、本件におきましては、全国に報道されたことで世間を騒がせてしまい、鶴岡市民の皆様に、多大なご心配やご迷惑をおかけいたしました。� 
こうした事全てに対しまして、心からお詫び申しあげます。

大変申し訳ありませんでした。

今後は議会のルールを厳守し、おだやかに、皆様と対話と議論を重ね、持続可能な鶴岡市政、市政発展のため尽力したく存じます。
どうぞよろしく御願い申しあげます。

発言の機会を頂きありがとうございました。