羽越線の運行について | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 羽越線の運行について

羽越線の運行について


一昨日の事故で、酒田→鶴岡間は不通ということになっています。温海と酒田で折り返し運転との事。
なぜ、温海で折り返し運転なのでしょうか。昨日の鶴岡駅では、鶴岡から東京に行きたい人が、「温海からでていますので、温海から乗ってください」といわれて、温海までレンタカーやタクシーで行っている人がいました。僕もでかけようとしたのですが、みあわせるしかありませんでした。温海まで車でいっても停めるところが心配ですから。


JRのHPでは、2005年12月27日
「羽越本線は、北余目〜砂越駅間での脱線事故の影響で、鶴岡〜酒田駅間の上下線で運転を見合わせ、同区間でバス代行輸送を行っています。」とのこと。です。

JRの駅には今直通電話がかからないようになっておりテレホンサービスの電話でのみ対応ということになっています。その電話は、050-2016-1600なのですが、こうした緊急時にはいつかけても話し中になってしまいます。

ちと不親切ですね。