ドイツ緑の党 ジルビア連邦議員と福島県 南相馬 飯館村を視察 | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > ドイツ緑の党 ジルビア連邦議員と福島県 南相馬 飯館村を視察

ドイツ緑の党 ジルビア連邦議員と福島県 南相馬 飯館村を視察


事後報告になりますが、5月16日、みどりの未来の方々、米沢のボランティアグループと一緒に、ドイツ緑の党 ジルビア・コッティング・ウール連邦議員の南相馬、飯館村を視察。飯館村長への表敬訪問をおこないました。ジルビア連邦議員は15日に来日し、飯田哲也さんらと東京で集会後、16日に被災地視察。17日には米沢の避難所を視察、被災者の声に耳を傾け、その後関西、また静岡の浜岡原発を視察し、見解を述べています。一連の関連記事については、以下のブログで紹介されています。どうぞご覧下さい。
2000年 グローバルグリーン にて、

以下は、ジルビア氏の関連動画

5月16日「松川浦漁港、南相馬市、飯館村」訪問 http://bit.ly/lcvhTg

緊急来日したドイツ緑の党ジルビアさんとみどりの未来足立力也さんら による福島の被災地、新地町の松川浦漁港、南相馬市のボランティア現場(高遠菜穂子さん)、飯舘村視察に同行。飯舘村の地域では高い放射線量を観測!(撮影 草島)

5月16日「飯舘村長との対談映像」 http://bit.ly/mHaHH0(撮影 草島)

5月18日「南相馬市から米沢市に避難している被災者との対話」
      山形新聞(記事) http://bit.ly/mPAf6J
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジルビア連邦議員は、浜岡原発を視察し、中部電力の防波壁について、東海地震については、津波よりも地震が怖いのだと訴えた。

http://www.youtube.com/watch?v=PJBwBQE_iao&feature=related

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー