鶴岡市議会 意見書作成! | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 鶴岡市議会 意見書作成!

鶴岡市議会 意見書作成!


鶴岡市議会。本日請願、意見書締め切り日。
「ミニマムアクセス米 廃止の請願」に紹介議員。
そして以下の意見書を僕が起案して提案す。共産・関議員賛同。 
/////////////

使用済み核燃料再処理工場の即時中止を求める意見書


現在、日本国内では55箇所の原発が稼動しており、その核燃料廃棄物の再処理工場が、今年4月より青森県六ヶ所村で稼動しております。しかしながら、この核燃料再生工場には以下の点で大きな問題があります。
高さ150メートルの巨大な排気筒からはクリプトンをはじめ、トリチウム、ヨウ素、炭素などの気体状放射能が大気中に放出されます。また、六ヶ所村沖合3kmの海洋放出管の放出口からはコバルト、ストロンチウム、セシウム、プルトニウムなど、あらゆる種類の放射能が廃液に混ざって海に捨てられます。量として、「原発1年分の放射能を1日で出す」ということが指摘されています。
 また、すでに再処理工場が30年以上運転されているヨーロッパからは膨大な放射能放出による環境汚染、人体への影響が報告されています。
 更に、この核燃料サイクル施設の直下に長さ15キロ以上の活断層がある可能性が高いとの研究が、この5月25日発表されました。
 大量の放射能汚染によって、東北一円の水産業、農業また住民の健康に深刻なダメージを招きかねない再処理燃料工場について、即時中止を求めるものであります。