玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。 | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。

玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。


お知らせいたします。

玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。
12月2日(日)午後2時から4時 出羽庄内国際村 大ホールにて
参加費3000円。
主催 つるおかユースホステル 0235−73−3205
担当 菊池。tyh@tmailplala.or.jp

●川竹文夫さん 元NHKディレクター NHKスペシャル「人間はなぜ治るのか」制作。
現在、「ガンの患者学研究所」代表 著書「ガン、治る法則12か条」
自らも、玄米菜食を実践し、ガンを治してからは、同じように末期ガンなどでも治った方々100人とガンを抱えて悩んでいる方々1000人との、1100人集会を開催し、笑顔と希望を分かち合っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生は、毎日新聞社、財団法人北海道食品化学技術振興財団主催の「第11回食と文化フォーラム」で基調講演されています。その内容は、毎日新聞紙上でも掲載されましたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

このフォーラム。主催者はずいぶん前に市に後援を申し込んだ。しかし、断られたと聞いた。はあ?と思って、今日、健康課課長に行き、断った理由を尋ねた。戻ってきた答えは「玄米食を食べるとガンが治ると受け取られては困る。」
「それだけしか方法がないと判断されると困る」

といった事でした。色々疑問に想いながら聞いていたが、拉致があかなそうだったので、「この講演は聴きにいくつもりはありますか」と尋ねた。「わからない」と答えたので、「んじゃ、僕から聴きにいくようにせめて、提案します。多様な治し方があるということをわかっていただきたいですからね」といってその場を後にしました。

ふう。鶴岡市の後援は受けれませんでしたが、主催者は、一人でも多くの希望を手渡すためにもいらしていただきたいと奮闘しています。

どうか、ガンと闘っているご家族の方をはじめ、多くの方々にお集まりいただきたいと思います。