お堀。 | 前 山形県議会議員 草島進一

持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > お堀。

お堀。




前にもお知らせしたが、鶴岡公園のお堀、水抜いています。生き物救出の職員の姿もみられました。亀やたなご、タンケ(貝)や、実に見事な鯉が捕らえられていました。鯉は、処分せざるをえません。あまりブラックバスはみられなかったそう。

でももうちょっと水を抜いてみないとわかりませんね。汚泥が結構たまっていると実感しています。この機会に、汚泥の浚渫をやって、浄化のための方策を実践し、濁りの少ない池に再生させたらとも思っていますが、それには結構な予算が必要でしょう。でも、「何を大事にするか」なんですよね。
 
ーーーーーーーーーーーー
国会論戦は仙台の医師、桜井さんの質問、実に鋭かったと思います。郵政民営化も、結局は「会社化」して、国民にとっては、巨大な銀行と宅配便会社ができたような感じになっている。これは以前から指摘していたけれども、振り込み手数料などがこれまでよりも高くなっている。結局不利益がでているということ。それに対して増田総務大臣の答えは、以前の岩手県知事のイメージとはかけ離れた、お役所答弁。結局「どうなる」ということを示さず、「改革!」とかという言動でまぎらわせておいて、結局国民の負担増。そして僻地の郵便局廃止。ということになっている。「合併論議の際に、合併して役所から離れてしまうところは、その地の郵便局を窓口として、、、」の話は僕も覚えている。でもこの郵政民営化でへき地の郵便局がなくなってしまっている今、桜井さんの指摘はその通りだ。
 毎日新聞 日曜版でも「北極か、南極か」と同志社大学浜先生のコラムが載っている。あべこべ、モラルハザード政治が続いている。

 モラルハザードといえば、ああそうだ。ボクシング。みなさんご覧になりました? いろいろ処分されているみたいだけれど、僕も途中から、ものすごく怒りがこみ上げてきてテレビの前で、震えていました。ふざけるな! と。あのテレビ中継の解説もなんとなくKの方を応援しているかのような発言が目立ち、トロフィーのグローブもKがしていた金色だったり、チャンピオンに対しての声援を「Kコール」とかといってみたり、不可思議でしたね。 毎日余録などにも書かれていますが、僕もボクシングがこんなに冒涜された試合を見たことがありません。もういいや。思い出したくもない。 

 土曜日は、農林水産祭り、そして自殺支援対策の講演会、そして公文大大学院での講義。日曜も上郷の防災演習に行ってから、財政の学習会。
 本日は1日、原稿書きなど。これからあと、数時間後に東京に出張です。