持続可能な鶴岡ブログ

持続可能な鶴岡ブログ
トップページ > 持続可能な鶴岡ブログ > 月別ア―カイブ: 5月 2018
月別ア―カイブ: 5月 2018

独シュタットベルケ・取材映像第一弾!2018.5.6


独シュタットベルケ・取材映像第一弾!2018.5.6

岩波書店「世界」別冊「再エネ革命」でお伝えしたシュタットベルケの視察模様第一弾!

現地では多忙過ぎ、カメラのメモリーからHDDに落とし込むのでやっとで、さらにアップロードしようとしてもネット回線が弱く(弱い所に宿泊したりしたせいなのですが)なかなかアップできませんでした。

4月22日にドイツに向けて出発し、4月24日に日本シュタットベルケネットワーク主催の視察ワークショップに参加。26日までを川又大使館参事がコーディネートされた充実したメニューの日々でありました。その後、27日28日フライブルク独自取材で、環境ジャーナリスト 今泉よね子様を訪れ取材。エネルギープラスの市役所。現在市長選挙の決選投票のキャンペーン中の緑の党の交通政策などを取材。29日、30日、1日をシュツットガルトで、メルセデス博物館、毎年恒例の春祭り、「ミネラル水」という地域の温泉、湧水利用のサウナ、プール、ボッチャチーム監督のトーマスケラー氏と再会し一緒にポルシェ博物館と交通事情を視察。1日のメーデーはシュツットガルトの労働団体や駅前再開発への反対運動などを含めたデモの様子を取材。5月2日ハイデルベルクの城下町を視察取材をおこない、5月2日夕刻に出国。東京3日深夜到着。5月4日築地市場などを観た後、夜遅く鶴岡に到着しました。視察取材した映像の他、随時アップデートしていきますので、ぜひチェックしてくださいね。

日本シュタットベルケネットワークの視察の第一弾はオスナブリュック市でした。

4月24日は昼に合流。オスナブリュック市の歴史や町の背景などを説明を受けながら約17万人の町の中を観て歩きました。その晩は集った30名の自己紹介と今回の目的を共有しながらドイツ料理を堪能。


25日。朝からオスナブリュック市のシュタットベルケの事務所を訪れプレゼンを聴き、実際の取り組みとしてのパッシブハウスの事務所、バス、木質チップのボイラーなどを視察しました。第一弾は25日の午前中の視察の模様です。どうぞご覧下さい。ご意見などお待ちしております。

なお、諸事情あり、現在メールでご希望をいただいた方のみ限定で動画をごらんいただいております。

1)お名前、2)所属、3)メールアドレスをご記入いただき、s.kusajima@gmail.com 宛にメールを下さい。よろしくお願いします。

4月26日、オスナブリュック市の説明

オスナブリュック市シュタットベルケについて